おすすめ

  • 人文2018.5.5

    かくれキリシタンの起源 信仰と信者の実相

    現在も継承される、かくれキリシタン信仰の全容を明らかにする。「信仰を変容させた信者」という従来のイメージをくつがえし、長…

  • 人文2018.4.11

    他者の苦痛へのまなざし

    自分から遠く離れた場所のテロや戦争の報道写真。「怖い」「かわいそう」と見る者に思わせる以外に、写真にはどんな力があるのか…

  • 人文2018.2.22

    多様体 創刊号

    読書には三つの次元があります。死者との対話、自己との対話、現在との対話です。それはいわば螺旋状の円環をなす無限回廊です。…

  • 人文2018.2.18

    エリア別だから流れがつながる世界史

    「エリア別」というところが特徴の本書が、今よく売れています。すみずみまで工夫と遊び心にあふれており、オールカラーのM…

  • 人文2018.1.10

    文庫フェア「チチカカコヘ」から1冊おすすめ『勝負』

    名人に香車を引いた男が語る 破天荒な人生哲学 人生は、将棋に似ている。どちらも“読み”の深いひとが勝機をつかむ─。「…

  • 人文2017.12.29

    日本十二支考 文化の時空を生きる

    十二支によって時間や方位を表してきた日本の伝統文化を再考する本。3部構成になっており、その第2部では十二支動物を個別に考…

  • 人文2017.12.29

    バテレンの世紀

    日本近代史家・渡辺京二氏の最新刊。キリスト教伝来から禁教、弾圧、鎖国など、15・16世紀における最初の日欧遭遇について鮮…

  • 人文2017.12.15

    肥後細川藩幕末秘聞【新装改訂版】

    ちょうどペリーが浦賀に初めて来航した年の出来事。 阿蘇の南小国町にある臼内切(うすねぎり)という地に12家族60人が住…